学  術  部

学術部


学術部長   横内 美和子 (KKR高松病院)

学術副部長   長町 健一 (高松赤十字病院)
事務局(会計) 松下 千明 (KKR高松病院)

病 理 ・ 細 胞 診

病理・細胞診


班 長 長町 健一 (高松赤十字病院)
副班長 虫本 一平 (三豊総合病院 ) 


 病理検査は胃や大腸などの生検材料や手術で摘出した臓器を検査する病理組織検査と,喀痰や尿などに含まれる細胞を検査する細胞診検査に分けられます.病理組織検査は病理医が診断を行うので,標本作製(組織の薄切や染色)が検査技師の主な業務です.一方の細胞診検査は検査技師が顕微鏡を使ってスクリーニングを行い,悪性が疑われる症例については細胞診専門医と一緒に診断しています.このような細胞診断は日本臨床細胞学会が認定する細胞検査士の資格を持った検査技師が行っています.この認定試験は年に1回施行され,一次試験(筆記)と二次試験(実技)があり,最終的な合格率が20%前後と非常に難しい試験です.

 病理細胞診研究班では,細胞検査士を目指す人たちを対象とした初心者研修会を開催しています.現在,約15名の若い検査技師が勉強に励んでいます.総合病院に勤めている人は,職場にたくさんの標本があり,指導してくれる先輩技師もいて,細胞検査士を目指す環境が整っていますが,小規模の病院や健診業務が中心の施設では,独学で試験に合格するのは至難です.研修会では基本的な講義や標本の鏡検実習を行い,毎年11月には二次試験対策と称した本格的な模擬試験も行っています.この二次試験対策は他県からも参加申込があります.また,研修会は勉強だけでなく,若手技師の情報交換の場にもなっています.試験に合格した若手技師たちは自施設で活躍するだけでなく,学会発表や論文の執筆にも力を入れており,合格してからも自己研鑽に励んでいます.そうして細胞検査士として一人前になった検査技師が次の世代を育成しています.これが香川県の病理細胞診研究班の伝統となっています.



臨 床 化 学

臨床化学


班 長 香西 宜秀  (滝宮総合病院)
副班長 井川 加奈子 (三豊総合病院)

只今準備中です。
今しばらくお待ちください。

輸    血

輸血


班 長 徳住 美鈴 (高松赤十字病院)
副班長 伊関 喜久雄 (香川大学医学部附属病院)
副班長 鬼松 幸子 (回生病院)

輸血は、血液成分を体内にいれるため臓器移植の一つといわれています。
輸血検査研究班では、輸血療法を理解し輸血を安全に行うために必要な知識、技術を取得するための研修会を行っています。
献血された血液がどのように製品化されているか、また輸血用血液製剤の種類と特徴など血液製剤の基礎的なことを学ぶ研修会を行います。

無題.jpg

実技講習会も開催しています。初級レベルで、2、3人に1人認定輸血検査技師が指導者としてつき、基本となる凝集の見方、血液型検査、不規則抗体検査、交差適合試験などについて実習しています。凝集を見るときのポイント、また不規則抗体検査では技術と考え方について、判定を行う時の試験管の沈層のほぐれ方の違いについても丁寧な指導を行います。

凝集.jpg

輸血は、血液型、不規則抗体検査、交差適合試験という検査だけなく、いろいろな管理体制も充実させていく必要があります。他の施設がどのようにしているか情報交換ができる場としても活用して頂ければと考えています。
研修会の内容にご希望等あればご連絡をお願いします。


微 生 物

微生物


班 長 西村 恵子 (四国こどもとおとなの医療センター)
副班長 藤川栄吏 (香川労災病院)

微生物のお話 ≪こんな時は、微生物検査技師におまかせ!≫

〈その1〉
微生物①.PNG
例えばこんな時、病院で喀痰を取って微生物検査技師に見てもらいましょう。
ひょっとしたらこんな菌がみえるかも。
微生物②.PNG
※ 細菌が原因の肺炎では喀痰をグラム染色してみることで何の菌に感染しているか? 
  どんなお薬が効果があるか? がすぐに分かります。

〈その2〉
微生物③.PNG
※ 薬剤耐性菌かどうかは菌の名前といろいろな種類の薬剤が効くかどうかを調べてみないとわかりません。
  同じお薬を長く使用してその薬が効かなくなったり、どこにいるか分らない耐性菌を知らずに触って感染します。
  自分を守るため、まわりに菌を広げないために手洗いはとても大切です。

〈その3〉
微生物④.png
※ 病院で院内感染が起こっているかどうかは微生物検査をしてみないとわかりません。
  院内感染に1番最初に気づくのは検査をしている微生物検査技師です。医者・看護師・薬剤師・いろんな職種で
  チームを組んで院内感染から患者様や職員の安全を守っています。


血    液

血液


班 長 杉 理恵  (香川県立中央病院)
副班長 細川 真誠  (オリーブ高松メディカルクリニック 四国中検ラボ)

 血液検査部門では年間7回の勉強会、県精度管理、2回の四国血液研修会などを主に行っています。勉強会では主に県内の検査技師の日々ルーチン業務のレベルアップを目標とし取り組んでおります。内容としてはメイギムザ染色実習、凝固・線溶系の基礎、末梢血・骨髄像の初心者向け実習、症例検討会、最近のトッピクスなど様々な血液検査分野において勉強会を企画し行っております。

 県精度管理は年一回、県内各施設間差を少しでも改善できることを目的とし、生血を用いた血球算定やフォトサーベイなどの精度管理も行っております。香川県血液検査研究班では今後とも患者様第一に考え、勉強会、精度管理等の活動をさらに多く行っていきたいと思っています。


          ≪症例検討会で使用した症例 (疾患名:成人T細胞白血病)≫
血液研究班.jpg

免 疫 血 清

免疫血清


班 長 谷本 光章 (KKR高松病院 四国中検ラボ)
副班長 棚田 佳代子 (高松市民病院)

「免疫力を高めることで、がん治療を行う」、「免疫力をアップさせる食材は・・・」など、免疫についてメディアで特集され
注目を浴びていますが、免疫は我々の健康と深く関係しています。

免疫反応は自己と非自己を認識し、本来、外来の異物(非自己)に反応してそれらを排除するものですが、そのシステム
に異常があるといろいろな病気が引き起こされます。
自己と非自己は、絶対的なものではなく、私たち自身(自己)は、免疫システムに異常がみられると、いつでも非自己に
なりうる可能性があります。

免疫血清研究班では、会員の皆様に向けて免疫反応の基礎を中心に、幅広い知識、技術の取得に寄与できるように研
修会や講演会活動を行っています。

今後も、皆様の検査業務に役立つ研修会を企画していきたいと考えておりますので、取り入れて欲しい題材がございまし
たらぜひご連絡ください。
皆様のご参加をお待ちしています。


情 報 シ ス テ ム

情報システム


班 長  熊野 雅英 (オリーブ高松メディカルクリニック 四国中検ラボ
副班長 髙坂 智則 (高松赤十字病院)

 1990年中旬、Windows95が市場に登場して以降、さまざまな分野において、急速にIT技術が普及するようになり
ました。当然、私たち「臨床検査技師」の業務においても、IT技術は急速に発展・普及し、現在ではIT技術を抜きに
は、日常業務が遂行できないといっても過言ではありません。

 そこで、情報システム研究班では、少しでも「デジタルの世界」をみなさんに知って頂き、電子カルテやファイリング
システム、また分析装置等のデータベースの基礎をご紹介できればと考えています。

 また、公私において、安全にPCを使用できるように、ウィルスから大切なデータを守り、安全・安心な使用ができる
ように研修会等を開催しようと考えています。

 また広義の意味での情報の御提供として、診療報酬制度や、その他の医療業界におけるトピックスなどもご紹介で
きればと考えています。

 会員皆様の意見を尊重し、いろいろな企画を立案していこうと思いますので、どんどんと御意見・御指摘くださいます
ようにお願いいたします。

遺伝子・染色体

遺伝子・染色体


班長 南原 しずえ (四国こどもとおとなの医療センター)
副 班 長  大星 航 (香川県立保健医療大学)

遺伝子・染色体検査(遺伝子関連検査)ってどんなもの?
大きく3つに分けることができます.

I. 遺伝学的検査(生殖細胞系列の変異検出)
• 発症前診断,発病者の確定診断,保因者診断,出生前診断,薬剤応答性診断
II. 体細胞遺伝子検査(体細胞系列の変異検出)
• 腫瘍発生に関わる遺伝子発現の解析
III. 病原体遺伝子検査
• 細菌・ウイルスの核酸の定性,同定

香川県下で実際に臨床検査として行っている施設はごく少数ですので,馴染みがなく少しハードルが高く感じてはいませんか?でも今後研究が進み,遺伝情報と疾患との関連性が解明されていけば,様々な分野の検査においても遺伝子・染色体検査の知識が必要となってくることでしょう.
そんな将来を見据えて,当研究班では身近な臨床検査と関連付けた研修会を企画していこうと考えています.会員の皆様のこれからの知識向上にお役立ちできればと思っていますので,企画してほしいテーマなどございましたらご連絡ください.
一緒に楽しく勉強していきましょう!!
無題.png

生     理

生理


班 長  三崎 美江  (香川県済生会病院)
副班長 (神経生理) 宮崎 朋美  (高松赤十字病院)
副班長 (呼吸循環) 長田 剛   (KKR高松病院)
副班長 (画像) 藤本 正和  (香川県立中央病院)

≪生理検査とは≫
 生理検査(生理機能検査ともいう)は、種々の臨床検査機器を用いて臨床診断に必要な身体の機能や情報を直接的に
 調べる検査(生体検査)です。代表的な検査項目は以下のようなものがあります。

① 標準12誘導心電図検査(心電図検査)
  不整脈・心筋梗塞・狭心症など、心臓の病気がわかります。
  心電図は心臓が動くときに発生する電気的な興奮を波形としてとらえ記録したものです。動悸・脈の乱れ・胸の痛みな
  ど心臓の病気の診断を行うための検査です。

② 運動負荷試験
  一定の運動をしながら、安静時の検査では異常を示さない冠動脈の循環予備力や心機能の予備力を評価する検査です。
  2段の階段を上り下りするマスター2階段法、動いているベルトコンベアの上を歩くトレッドミル法、自転車のペダルを
  こぐエルゴーメータ法などで動的負荷を与え、心電図変化・血圧・心拍数・酸素摂取量・心臓超音波などの変化によって
  診断します。

③ 24時間(ホルター)心電図検査
  日常生活における心電図の変化をみるために携帯可能な器械を装着し、24時間の連続した心電図を記録する検査です。
  日常生活での不整脈や狭心症の出現、無自覚の発作、睡眠中の発作の検出を目的としています。

④ 血圧脈波検査(血管年齢)
  血圧脈波検査ABIは、四肢の血圧を同時に測定することによって下肢の動脈硬化の程度を 数値化し、病気の早期発見
  に役立てようというものです。血管年齢も分かります。

⑤ 呼吸機能検査
  呼吸機能検査にはさまざまな機械がありますが、基本的な検査の中にスパイロメトリがあります。肺機能障害の早期
  発見・病気の診断に役立つ検査です。肺活量や努力性肺活  量(一秒量/一秒率)を調べます。一秒量より、肺年齢
  も算出できます。
   肺活量:肺に吸い込める最大の空気量を測定し、肺の容積が正常かどうかを判断します。
   努力性肺活量:胸いっぱいに吸い込んだ空気を「一気に、最大努力で(思いっきり)」全部吐ききって測定される
          肺活量を努力肺活量と言います。このとき、最初の1秒間でどれだけの量の空気を吐けたかが1秒量
          で、1秒量の努力肺活量に対する比率が1秒率です。

⑥ 末梢神経伝導速度検査
  手や足を刺激して、その刺激が神経を伝わる速さを調べます。手足のしびれや筋力低下などのときに検査します。
  神経の検査はほかにも、末梢の刺激が脳に伝わっていく時に起きる電位を記録する誘発電位、筋肉の電気的活
  動を記録する筋電図という検査もあります。

⑦ 脳波検査
  脳の電気的な活動状態を頭の表面から記録する検査です。てんかんやけいれん、意識消失、脳梗塞、外傷後な
  どさまざまな場合に検査します。

⑧ 超音波検査
  超音波を用いて、身体の異常を見つける検査です。エコー検査とも呼ばれます。
  超音波は人の耳では聞こえない高い周波数の音です。この音を探触子(プローブ)から身体に送ります。臓器によっ
  て反射の程度が違うので、はね返ってきた音を探触子で受信することで、画像として表示できます。その画像から
  臓器の大きさ、形、内部の様子、血液の流れなどを調べます。心臓・腹部・甲状腺/乳腺などの体表領域・頸動脈や
  下肢動静脈などの血管領域などを調べます。

⑨ 終夜睡眠ポリグラフ検査
  睡眠呼吸障害の診断に用いられます。
  睡眠時無呼吸症候群(眠っている間に呼吸が止まる病気)の診断には欠かせない検査です。

一   般

一般


班 長 永田 啓代 (四国こどもとおとなの医療センター)
副班長 羽座 重男 (環境保健研究センター)
副班長 中川 妙子 (キナシ大林病院)

一般検査は,血液以外の臨床検査材料を扱います。尿検査,糞便検査,髄液検査,関節液検査,精液検査等を行ないます。特に,尿検査と糞便検査は、もっとも古典的な検査として古くから存在し、一般的に行われている検査法です。また,体を傷つけないことはもちろんですが、体にダメージがない非侵襲的な検査でスクリーニングとして有用です。

【尿検査】
 尿検査は、まず試験紙を用いた定性試験を行い、それと並行して尿を遠心機にかけ中に含まれている
 有形成分を集め(尿沈渣)、顕微鏡で観察を行います。
   (定性試験だけで終わる場合もあります。)

一般①.png


【糞便検査】
 糞便検査は、潜血反応により、消化管の状態をスクリーニングしたり、寄生虫検出のための寄生虫卵検査等を行います。

一般②1.png


【髄液検査】 
 髄液検査は、色調の変化、細胞数、生化学的検査を行います。

髄液.jpg


【関節液検査】
 関節液検査は、関節液中の白血球や結晶があるか検査します。

一般④.PNG


【精液検査】
 精液中の精子の数・運動率・奇形や白血球数などを検査します。

精液検査.jpg

編集者( 諏訪敦彦 平野智子 森川和代 )

小 施 設

小施設


班 長 藤澤 千絵 (宇多津病院)
副班長 中村 美香 (辻クリニック)

只今準備中です。
今しばらくお待ちください。